あらゆる分野のニーズに対応できる人材、設備を備える企業

会社概要・沿革・組織図

会社概要

商号 株式会社 倉田電子
資本金 6,000万円
代表者 取締役社長 倉田 主税
本社工場 住所    〒334-0075
埼玉県川口市江戸袋2-1-29
TEL    048-285-7331 (代表)
FAX    048-285-7330
E-MAIL    sale-div@kurata-ele.jp
事務所(中国) ■上海事務所
会社名    上海信頂貿易有限公司
住所    上海市延安西路2299号
上海世貿商城11A82~11A84
TEL    010-86-21-62360202 (日本より)
FAX    010-86-21-62362917 (日本より)
担当    営業部 朱
事業内容
  • 自動車用精密部品
  • 小型モーター精密接点
  • OA機器用マイクロスイッチ及び各種OA機器構成精密部品
  • 冷蔵庫起動部品・開閉器接点
  • 各種ヘッター加工品
  • 精密インサート成形品
  • その他特殊接点の製造及び精密部品のアッセンブリ
  • プレス・溶接特殊加工品
従業員 40名
取引銀行 東京都民銀行
みずほ銀行
埼玉りそな銀行

 

沿革

昭和36年(1960年)4月 倉田電子工業研究所を設立
各種電気接点の加工技術開発に取り組む
昭和39年(1964年)3月 自動溶接機を導入し、量産安定体制スタート
昭和42年(1967年)10月 東京都谷中に新社屋完成
昭和45年(1970年)8月 株式会社倉田電子に社名を変更
資本金を1,000万円とする
昭和46年(1971年)3月 機械工場の増築完了
昭和47年(1972年)6月 土浦市内に新工場完成
昭和48年(1973年)2月 資本金を2,000万円に増資
昭和48年(1973年)4月 スイス製最新鋭自動溶接機を導入
昭和54年(1979年)3月 資本金を6,000万円に増資
昭和54年(1979年)4月 川口新工場完成
昭和57年(1982年)6月 最新型クロスバー自動溶接機導入
昭和58年(1983年)5月 ミトー自動検査機導入
昭和59年(1984年)2月 改良型高速クロスバー自動溶接機導入
昭和62年(1987年)8月 自社設計・開発のワイヤーASSY自動機1号機を導入
順次4号機まで導入し、稼働開始
昭和63年(1988年)3月 2ダイ3ブロー型高速ヘッターマシン導入
平成2年(1990年)4月 2ダイ3ブロー型高速ヘッターマシン導入
平成5年(1993年)1月 超高速新型プレス機導入
平成6年(1994年)9月 グロスリーク自動検査機導入
平成7年(1995年)2月 ハンダ・ワイヤー自動加工機導入
平成7年(1995年)3月 ハンダ自動封止機導入
平成8年(1996年)5月 最新型自動成形機導入
平成10年(1998年)9月 超静粛型半自動エアープレス導入
平成11年(1999年)5月 新型画像検査機導入
平成14年(2002年)9月 社内・社外・中国協力工場を結ぶ
ブロードバンドネットワーク完成
平成15年(2003年)6月 全自動洗浄機導入
平成15年(2003年)10月 OGP社製全自動三次元測定器導入
平成16年(2004年)9月 天津に事務所を開設
平成17年(2005年)6月 中国天津より上海に事務所を移転。
上海信頂貿易有限公司として中国においての活動を展開する。
平成20年(2008年)2月 国際認証規格 「ISO14001」を取得
平成26年(2014年)3月 画像寸法測定器導入
平成29年(2017年)10月 国際認定規格「ISO9001」を取得

組織図